スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

古民家『荒蒔邸』

2010.03.21 *Sun
aramaki_zen2.jpg

先日、一族総勢70名で法事をしてきたのですが、なんだかちょっと嬉しい情報を聞いたので今日はその話。

私が大好きだった曾祖母の家は茨城北部の山中、里美村というところにあるのですが、曾祖母が亡くなった後、その家をまるまるぼーんと村にあげちゃったんです。
そこで、里美村がこのだだっ広い家で何をしたかっていうと、ちょっとだけ改造をして古民家の宿『荒蒔邸』として貸し別荘型の農家民宿を始めたんです。

なんと、最近の子供は田舎ってものを知らないそうな。
裏山に行って虫取りもしたこともないし、川に行って魚も捕ったことがない。
かまどで作ったご飯を食べたこともないし、囲炉裏も知らない。

そこで、そんな都会っ子(大人も含め)たちに昔の日本家屋での暮らしを体験させてあげようじゃないかということで、このようなことを始めたのですが、これが結構評判なんだとか。

まだ春先なので予約は取りやすいのですが、夏休みになるともう空きがないくらいにお客さんが来て、大体二泊三日くらいの田舎暮らしを楽しんでいくんですって。

私は小さい頃からここにきて、冬の凍った空気や、夏の凄まじい夕立、秋の山の色やアケビや銀杏の味、春の生き物たちと触れ合ってきたので、そりゃあ都会っ子にはたまらないだろうなと思います。

山や川があるといろんな話もできるんですよ、お父さんお母さん。
小さい頃、山が霞がかっていると、「山にいる仙人は霞を食べて生きてるんだよ」って父と母から教わりました。当時は本当に山には長くて白い髭を蓄えた仙人がいるんだと思っていました。
よく蛇の抜け殻とかもお庭に引っ掛かっていて宝探しのように競争で探したり、蔵に入って古い古い家具や楽譜、本を読んだり。
水面に弾ませる石投げもここで覚えました。魚を捕って食べるとか、夏に水って気持ちいいんだってことも。
カブトムシやクワガタの名前、山草や花の名前も全部ここで図鑑片手に調べて遊んで…。
それはもう楽しい夏休みの思い出がここにはいっぱいあります。

それを都会に住んでいる子供たちも感じられるって素敵だと思いました。
暑いなんて、寒いなんて言ってエアコンに頼るなんてここではできないから、本当にいつもとは全然違う生活ができます。今の子供ってそういうの大丈夫なのかな?
ゲームとかも持ってきてほしくないな。それよりも虫の声とか空の色とか見てほしい。

私は日本が好きになったのって舞台をやったのもあるけれど、舞台で日本を知るたびに、この曾祖母の家での景色や体験が鮮やかに思い出されたからだと思います。
学生のころ、私は日本嫌いでした。なんの面白みもないと思ってた。だから留学して違う世界をすごく見たかった。
でも実は身近に素晴らしい和があったって気付いたんです。こんなに素敵なものがこの国にはあって、それを知らずに外国の文化を知りたいだなんて、なんておこがましい。すごく恥ずかしくなったのを覚えています。

と。
熱く語りましたが、言いたいのは一つだけ。
みんなが好きになりそうな日本がここにもありますよってこと。
これからの季節、山の緑が深くなって里美村や自然は活気に溢れます。
ただ泊まるだけじゃなくて、蕎麦打ちや鮎釣りや温泉に入ったり、いろんなこともできるので、みなさん興味がありましたら是非行ってみてください。

日本体験情報を日本へ発信するのもおかしな話だけどね!
外国の方ももちろんどうぞ!!

てかこのHPをどうにかしてくれる人募集(笑)
勉強して私が変えるかな。。。



古民家の宿『荒蒔邸』HP
http://www.yuu-group.co.jp/kominka/index.html
スポンサーサイト
COMMENT (9)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

ひょっとして親戚でしょうか?
祖父母の春子様が亡くなってからは一度も里美町に行っていませんが、麻弥さんのブログを見て、懐かしく思いました。
私は、現在大阪に住んでいます。
2010/12/14(火) 11:21:22 | URL | 荒蒔義行 #g6s29LCg [Edit
荒蒔義行さん
はじめまして!なんと!正真正銘、親戚です(笑)
私の曾祖母が春子お祖母様でした。
Blogで繋がれるなんて、なんだかとても嬉しいです(*^^*)
今、お屋敷はとても良い意味で面白いことになっていて、私もぜひこの古民家プロジェクトを盛り上げたいと考えています。
これからどんどん動いて行きますので、義行叔父様もお近くにいらした際にはぜひ観ていってください!

大阪は私はまだ行ったことがなく、美味しいものがきっといっぱいで、元気な街なんだろうなぁと想像を膨らませるばかりです(笑)
いつか大阪に行ったら、お会いできると嬉しいです。
Blogにまた遊びに来てください!

荒蒔麻弥
2010/12/18(土) 22:23:42 | URL | Maya #- [Edit
正真
麻弥さんの顔写真を見て、親戚であることを確信していました。

数日前、義保叔父さんに電話したところ、達也さんの娘さんであるとのことでした。
ご両親の結婚式には、出席させていただきました。

私は、現在65歳で年金暮らしをしています。
私の名前で検索すると金魚のランチュウ品評会の成績や阪大サッカー同好会OBとしての活動がヒットします。昨日もサッカーをして、足腰が悲鳴を上げています。

娘の荒蒔綾子は彫刻家です。検索するとアメリカや取手や宇部での作家活動を見ることができます。
ひょとしたら荒蒔邸での活動に参加したいと言ってくるかも知れません

息子の義隆は、広島で「ベイ動物病院」を開院して丁度2年経ちました。検索すると彼の顔やお嫁さんの顔や病院の様子がよく判りますよ!
2010/12/19(日) 17:20:12 | URL | 荒蒔 #g6s29LCg [Edit
荒蒔城跡
麻弥さん

荒蒔城跡が里美村にあるのをご存知ですか?
「茨城の城郭」という本に載っているのを発見しました。この本を購入して、感想を投稿しましたので、見てください。下記UTL参照

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4336047715/ref=dp_top_cm_cr_acr_txt?ie=UFT8&showViewpoints=1

この本の中に記載のある小野崎城の姫君が荒蒔家に嫁いでこられたのですが、私の母は彼女と話をしたことがあるとのことでした。
2010/12/23(木) 10:06:16 | URL | 荒蒔 義行 #g6s29LCg [Edit
義行さま
荒蒔城、聞いたことはあります!でも見たことは…あるかな?ないかな?
今度調べてみます(*^^*)
お城や姫君と深い関わりがあったなんて、なんだかお伽噺のようでワクワクします。
そういうものも含め、古民家から様々なものを発信して行きたいです。素敵なコメント、ありがとうございます(*^^*)
2010/12/24(金) 09:07:14 | URL | Maya #lbQp6p5Q [Edit
伊勢佐木町の町名の由来
麻弥さん

横浜の伊勢佐木町の町名の由来をご存知ですか?
明治の初頭に伊勢佐木町の開発にあたって、伊勢屋の中村次郎衛と佐川儀衛門と佐々木次郎の3人が多額の寄付をしたので、伊勢屋の「伊勢」、佐川の「佐」、佐々木の「木」を取って、伊勢佐木町としたそうです。

私の曽祖父の荒蒔義郷さんの妻「佐川ゆう」様は佐川家から荒蒔家の嫁にこられたのです。春子様はゆう様が亡くなられた後に来られた後妻さんです。

佐川ゆう様の家系は、佐川家の分家であり、大金持ちでした。
伊勢佐木町開発の時に当時のお金で7000両を寄付されたのです。今のお金に換算すると数十億円になります。

この寄付により天皇陛下より、金杯と銀杯を賜っておられます。
金杯は、今でも佐川家の家宝として、大切に保管されています。

下記UTL参照
http://www.satomi-kanko.jp/rekisi/rekisi76.htm
2010/12/28(火) 05:19:37 | URL | 荒蒔 義行 #g6s29LCg [Edit
高校の同窓会で佐川家の親戚が
2年前の高校の同窓会で、同窓生の奥さんが佐川家の出身であることが判明しました。古民家荒蒔邸のことを私が同窓会の掲示板に書いているのを読んで、彼と私は親戚であることが判りました。

その後、お互いの家系図を交換して、両家の家系図が出来上がりました。そして、彼の娘さんと私の妻の甥とがお見合いをすることになりました。
もし、家系図が必要ならば、私のメールアドレスにメッセージを送ってください。
2012/07/18(水) 20:56:23 | URL | 荒蒔義行 #g6s29LCg [Edit
義行さま
すごいですね!!繋がりがどんどん見つかって、また結ばれていく。本当にすてきです。
先日、私の両親の結婚式のビデオを見ました。スピーチしているおじさまを見ましたよ☆私はお腹の中にいたけれど、一緒の空間にいたんだなあと思うとうれしくなりました。
家系図、面白そう!ぜひ見てみたいですwメール、お送りしますね!

Maya*
2012/08/06(月) 11:46:20 | URL | 荒蒔麻弥 MayaAramaki #- [Edit
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/12/01(木) 09:25:02 | | # [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © おとノはこ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

Welcome !



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カテゴリ



最新記事



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



検索



プロフィール

荒蒔麻弥 MayaAramaki

Author:荒蒔麻弥 MayaAramaki
                  
声と音と舞台の仕事をしています。
演奏したり、演技したり、演出したり。

日々勉強の、そんな毎日。

I think of myself as an artist, if not much of one...
I'm concerned about the relationship between "voice" and "music".
Playing the piano, perfoming acts, and singing songs.
This is my life. Thank you for dropping☆

* more Profile *

-Twitter-
@MayaAramaki

-Photo Share-



Twitter



Flickr

www.flickr.com
Maya*aramaki's items Go to Maya*aramaki's photostream



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。