スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

Potsunen SPOT

2010.04.07 *Wed
otonohaco_43.jpg
iPhone

どーん。
昨日はこんなとこまで行ってきました。

otonohaco_41.jpg
iPhone

どーん。
静岡グランシップー。
ここ数年、静岡には公演やら演劇を見に行くやらで色々ご縁があるようなんですが、まさかこの公演を見に静岡まで来るとは思いませんでした。

でも来ました(笑)

今回見に来たのはこれ。

otonohaco_38.jpg
iPhone

小林賢太郎 Solo Performance POTSUNEN 『SPOT』

チケットが全く取れねーんだよ!で有名な小林氏の舞台です。やたー!!
絶対二十代のうちに生で見に行こうと決めていた、小林賢太郎の舞台。結構早い段階で見れました(笑)
今回は表現者としても友達としても尊敬している、桃と一緒に見てきました。今回チケット取れたのは、この人の引きの強さのお陰です。この人、やっぱり何か持ってるんだよな。羨ましい。

公演が始まるまでの待ち時間。
もう、すぐそこで小林賢太郎が準備してるんだよなぁと考えると、なんだかすごく不思議でした。
こういう時、空間てなんだろうって思います。会ってはいないけれどでも同じ空間にはいて、壁はあってもその向こういるという事実はあるんだよね。それはもう同じ時間を過ごしているって言ってもいいんじゃないかな…。あ、でも人の時間は「今していること」で経過するものだから、同じ時間ではないのか。

話は少し変わるけど、最近同じ職場の方が赤ちゃんを産んだそうです。まだ赤ちゃんがおなかにいた時、私は一緒にお仕事をしていたんだけど、その方が「産まれました~!」と赤ちゃんの写真付きのメールを下さったんです。
その時、物凄く不思議だった。
この子にまだ私は会ったことはないけど、おなかにいた時は同じ空間にいたんだ。存在は分かっているけど隔てているものは在って、だからこそ知らないんだけど、でも、同じ場所にいたって事実。じゃあそれって、会ってるんじゃないの?いや、在るけど会ってはいないんだよね。

空間て、不思議です。

で、今回もそれと似たようなことを思いました。
私の一方通行な思いだけど。

さて、待ち時間。桃が私を撮ってくれました。

otonohaco_40.jpg
iPhone

いつも撮る側なので、撮られる側は新鮮。
でも写真て大事だなって最近思います。記念だもんね。
自分がどんな顔をして、この大事な時にどう過ごしていたか。それって結構重要なこと。

実は入れ子公演中の私の写真、一枚もないの(笑)

やっちゃったなーと思います。まぁ過ぎちゃったもんはしょうがない。

普段自分を見ることがないので、こういうの本当に有り難い。桃はいつもそういうのを気付かせてくれます。すごい人です。

otonohaco_39.jpg
iPhone

桃の前だとこんな気の抜けた顔してんのね(笑)
なぜか公演直前に緊張しだす私たち。それくらい楽しみにしてきたんだもんね!

お土産を買って…

otonohaco_44.jpg
iPhone

いざ開演。

ということで、見てきました。

はぁ。。。本当に静岡まで行ってよかった。。。
楽しかったし、もっと見たかった。

細かい演出、繋がっているもの、ちょこちょこ出てくる様々な「SPOT」。
面白いけど、騙されるもんかと思うと公演の間中気が抜けない。でもまんまと騙されて、物凄く悔しいのと物凄く感動するのとが一度に来て、もう笑うしかないの。

たぶん、彼はマジシャンなんだと思う。
こう、手の中でするマジックを、ただただ舞台の範囲に広げてやってる感じ。

手が小林賢太郎。テーブルが舞台。カードが身体と言葉と音と映像、そして小道具。
どこかのマジシャンみたいに空間を捻じ曲げるとか、そんなんじゃなく、シンプルにただカードを切って、出す。それだけなのに信じられない奇跡が起きちゃう。

言葉は様々な意味をもつし、人の目は様々なものを想像させる。耳で聞いている話は、実は大事なことから気を逸らすためのただのノイズかもしれない。触れたらそれは本当に真実なのか。

こんなにどうとでもやりくり可能な素材が、ただ人が存在するだけであるんだから、使わない手はないよなぁ。と、公演を振り返って思う。

小林賢太郎って人は物凄いマジシャンだ。「言葉の」とか「コントの」とか上に付けたくない。ただ物凄いマジシャン。

本当に、生で見て良かった。

いつか、この人と出会うことができたなら、私は彼の中にあるパズルを一つ解いてみたい。
言葉でも図形でも数字でも脚本でも、なんでもいい。絶対に騙されるもんかと解いてみたい。
ただ見ているだけじゃ、問題を提示されて展開を面白がって、最終的には答えをあっという間に教えられてしまうもの。それでも楽しいけど、なんかもの足りない。
この人のパズルを解くときは、きっと表現をしなきゃ解けないんじゃないかなと思うから、いつかできたらなぁと思う。

とね、新幹線で考えました。
やりたくなっちゃうよ、こんなの見せられたら(笑)
あーーーーやりたい。演じたい。
本当に見に来てよかった。
何度でも言うよ。

やる気も出たし、これでまた元気に歩き出せます。来週からは待ちに待った新しい挑戦が始まるし。幸せな気分で、しばらく過ごせそうです。
さーて、私もマジックできるようになろうっと!
まずはこれでね!

otonohaco_42.jpg
iPhone

…二つ買っときゃよかった。もったいなくて開けらんないや(笑)
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © おとノはこ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

Welcome !



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カテゴリ



最新記事



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



検索



プロフィール

荒蒔麻弥 MayaAramaki

Author:荒蒔麻弥 MayaAramaki
                  
声と音と舞台の仕事をしています。
演奏したり、演技したり、演出したり。

日々勉強の、そんな毎日。

I think of myself as an artist, if not much of one...
I'm concerned about the relationship between "voice" and "music".
Playing the piano, perfoming acts, and singing songs.
This is my life. Thank you for dropping☆

* more Profile *

-Twitter-
@MayaAramaki

-Photo Share-



Twitter



Flickr

www.flickr.com
Maya*aramaki's items Go to Maya*aramaki's photostream



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。