スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

借りぐらしのアリエッティ

2010.09.10 *Fri
アリエ~1

先日、『借りぐらしのアリエッティ』を見てきました。
私の周りではあまり評判の良くなかった、この作品。
どうかな?と思いつつ見に行きましたが、これがとても面白かったんです。

まずはスタジオジブリならではの、緑溢れる背景。

arietti_20100910184840.jpg

いつかこんなところに住んでみたい…と思わせる、ドールハウスのような一軒家とお庭。
借りてきた様々なもので埋め尽くされた、わくわくする小人たちの家。
雑草の動き一つ一つが生き生きしていて、植物にも命があるんだと感じました。
さすが、一流のアニメーター、米林監督が創ってるだけあります。

小人目線にこだわった植物の描き方も、ハッとさせられました。
そうか、確かにこう見えている…。
同じ空間なのにまったく違う景色の世界を生きている小人は、どんな感性を持っているのでしょうか?

そして、小人は普通の人間より体力がある!
腕力とか半端ない!!すげー!!

音の使い方もいつものジブリとは少し違うように感じました。
生活音て、実はあんなに鳴っているんだと、気付かされます。
自然に頭を働かせて、想像させるってことができてるなーと感じる場面が結構ありました。

キャラクターもとても愛しやすかったです。
アリエッティは可愛いし、きっと小さい子は真似したくなるんじゃないかな?
ナウシカを真似したかった私たちと同じように。

男の子の描き方もツボをおさえていました。

syo_20100910184840.jpg

翔くんはもう、彼の声をやる人のために描かれていると言ってもいいくらい、
声のイメージぴったりだったので、アニメの創り方も変わってきたなと思いました。
でも魅力たっぷり。
しかし、私が小人だったら恋はしないな。
やっぱり人間怖いもん。いくら翔くんでも。

もう一人、魅力的な男の子がいました。

spira_20100910184840.jpg

野生児スピラーくん。
私は翔より、スピラーの方が好き。
やっぱり小人の価値観が一緒だと思うと安心感があります。野生児だけど。
声は藤原竜也さん。とても可愛い、頼りがいのある男の子でした。

もう一人、役者の中では別格な方がおりました。
それは、家政婦役の樹木希林さん。
次元が違います。彼女は役者も声優も関係なくこなせる方だったんですね!
人間の残酷さや恐ろしさ、無邪気さを声一つで演じていらっしゃいました。
あれは絵がなくても伝わってくると思います。
圧倒されてしまいました。


さて、肝心のストーリーなのですが、私はとてもいいストーリーだと思いました。
人間の多面性や、命の繋がりなど、メッセージがたくさんあったし。

でも、私は宮崎さんが最初テーマにしていた「人間と小人の心の交流」でとどめておいた方が良かったと感じました。
米林監督は「恋心」まで描きたかったらしいけど、それにしては不完全燃焼。

まず、最初に翔に見つかったところで、頬を赤らめるのはどうなのよ。
厳しい掟があるんだったら青ざめるのではないのかしら。
そしてアリエッティ父は冷静すぎやしないかい。
もし翔に興味があるなら、序盤でもっとアリエッティの好奇心旺盛なところがほしかったなぁとか、
カラスはやり過ぎだったなぁとか、
お母さん助けに行くのに、もう少し感情の溜めがほしかったなぁとか、
いろいろ感じたことはありましたが、これは私の視点なのであまり気にしなくてもいいです。

でも、最後の別れまでの持っていき方は、私はとても好きでした。
涙が一粒、頬を流れるような、そんな切なさ。
どこかで、本当に小人がいてくれたらいいなと、思わせるラスト。
好きな物語の一つになりました。

米林宏昌さんの、初監督作品。
評価は様々ですが、これからもこんな作品を創っていってほしいなと思いました。

それにしても、宮崎駿はすごい。
アリエッティのいろんなところで、宮崎作品が連想できます。
うーん、影響力絶大。

どうなるジブリ!!次回作も楽しみ!!

Maya*Aramaki
スポンサーサイト
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

同感です
世間では評判悪いのですか?

音楽もよかったです。
2010/09/18(土) 13:09:24 | URL | shintaro SENDO #aYDccP8M [Edit
Re: 同感です
コメント、ありがとうございます(^-^)
そうなんです。
いい評判を聞かなかったので、期待しないで行った分もあってなのか、とても面白く見られました。
違う視点で周りを見るって、わくわくするんですね!
2010/09/21(火) 21:33:45 | URL | 荒蒔麻弥 MayaAramaki #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © おとノはこ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

Welcome !



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カテゴリ



最新記事



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



検索



プロフィール

荒蒔麻弥 MayaAramaki

Author:荒蒔麻弥 MayaAramaki
                  
声と音と舞台の仕事をしています。
演奏したり、演技したり、演出したり。

日々勉強の、そんな毎日。

I think of myself as an artist, if not much of one...
I'm concerned about the relationship between "voice" and "music".
Playing the piano, perfoming acts, and singing songs.
This is my life. Thank you for dropping☆

* more Profile *

-Twitter-
@MayaAramaki

-Photo Share-



Twitter



Flickr

www.flickr.com
Maya*aramaki's items Go to Maya*aramaki's photostream



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。